【Anker Soundcore Liberty Air 2レビュー】 音楽鑑賞におすすめ最強コスパのワイヤレスイヤホン

4.0
Anker Soundcore Liberty Air 2ワイヤレスイヤホン

今回はAnker売筋商品のワイヤレスイヤホンを紹介したいと思います。
【Anker Soundcore Liberty Air 2】は8,000円以下で買えるおすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。

【AnkerSoundcoreLibertyAir 2】レビュー

【Anker】 Soundcore Liberty Air 2

まずは全体から確認していきます。
ケースはマットブラック仕上げで、安っぽさも全くありません。
イヤホンも側面はマット仕上げで、タッチセンサーとなっていて、操作性も悪くなさそうです。

外観と使用

サイズ感

【Anker】 Soundcore Liberty Air 2拡大

サイズ感は手に持っていても、重さを感じることは有りません。
ケースはイヤホンを縦に収納するタイプ。ケースサイズの第一印象は非常にコンパクトに感じました。

サイズ比較

【Anker】 Soundcore Liberty Air 2の比較

サイズを他のワイヤレスイヤホンと比較して見ました。
ケースを付けた【Apple AirPods Pro】と比較するとコンパクトさをより感じることが出来ます。

重量

【Anker】 Soundcore Liberty Air 2の重量

重量はケース含めて53gでした。
全体で53gの完全ワイヤレスイヤホンは見たことがなく、最も軽量なイヤホンではないかと思います。私の持っているイヤホンでは最も軽量です。

防水性能

防水規格:IPX5
あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がありません。
大雨でも問題なく耐えられそうです!

バッテリー性能

  • イヤホン本体が満充電の状態で最大7時間
  • 付属の充電ケースを合わせて使うと、最大28時間の音楽再生が可能
  • 充電時間は約2時間(充電ケース *USBケーブル使用時)

バッテリーに関しては、安心の『Anker』
さすがは世界でも有数のモバイルバッテリーメーカーです。
通勤や通学で使用しても、バッテリー切れを心配することはありません。

【Anker】 Soundcore Liberty Air 2のケース

充電状況はケースの全面LEDで3段階で、確認することが出来ました。

【Anker】 Soundcore Liberty Air 2の充電端子

充電端子は【USB Type-C】になっており、汎用性も高く使い勝手は非常に良いです。

【Anker】 Soundcore Liberty Air 2の無線充電

ワイヤレス充電にも対応。約3.5時間で満充電になります。

ペアリング・接続性

  • Bluetooth 5.0
  • 対応コーデック SBC / AAC / aptX

1度ペアリングすると、ケースからイヤホンを取り出すだけでペアリングします。
接続性もよく電車等で使用しても途切れること無く、使うことが出来ました。

操作性

【Anker】 Soundcore Liberty Air 2のタッチセンサー

操作に関しては『d』マーク部分がタッチセンサーになっています。

操作方法

  • 2回タップ(R) 再生/一時停止
  • 2回タップ(L) 再生/一時停止
  • Rタップ 音量アップ
  • Lタップ 音量ダウン

他にも通話に応答したり、Siriなどを起動することも出来ます!
しかし、反応がイマイチだったりするので個人的には、Apple AirPods Pro』のようにつまんで操作するタイプが好み。

専用アプリでカスタマイズ【Soundcoreアプリ】

Soundcoreアプリ

Soundcoreアプリを立ち上げる事で、【イコライザー】で音を自分好みにカスタマイズできます。ほかにはイヤホンのタッチ操作を簡単に変更することができます。

Soundcoreアプリ

アプリに接続すればファームウェアもアップデートでき、イヤホンを最新の状況にすることが出来ます。

SoundcoreアプリのHearID

HearID機能もあり、最も聞きやすい音に自動でカスタマイズすることが出来ました。

この機能により誰でも簡単に最適な音質を楽しむことが出来ます!

Soundcoreアプリのイコライザー

プロが設定したイコライザーも選択することができ、心地良いサウンドを選択することが出来ます。8,000円以下でイコライザー設定や様々なカスタマイズをできるイヤホンは、他には無いのでは?

音質評価

【Anker】 Soundcore Liberty Air 2イヤホンの拡大

音質評価

高音域3.5
中音域3.0
低音域4.0

音質に関しては、高音域もしっかりと聞こえるドンシャリ系の音質。
しっかりと低音も出ていて、音が歪むことがありません。
ただ、音量を上げすぎると高音域がシャカシャカなりますが、8,000円としては非常にバランスが良いワイヤレスイヤホンです。

総合評価

総評

音質3.5
音場3.0
操作3.5
接続4.0
防水4.0
遮音3.0
バッテリー4.5
コスパ5.0
総合3.8

aptXに対応、IPX5 防水性能、最大28時間の音楽再生。
イコライザー設定が可能、ワイヤレス充電にも対応する高コスパイヤホンです。

レビューまとめ

コスパも良くバランスも良い音質です。
ほとんどの方が満足できる音質だと感じます。

もっとコスパの高いAnkerイヤホンが欲しいという方は
こちらの【Anker Soundcore Life P2】おすすめします!

のろっぷ
のろっぷ

私も現在よく使っているワイヤレスイヤホンでとてもおすすめ出来るワイヤレスイヤホンです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました