【FiiO M9 DAPレビュー】30,000円台で買えるエントリークラスハイレゾ対応 おすすめDAP

4.0
FiiO M9のパッケージオーディオガジェット

今回はハイレゾ対応のDAP【FiiO M9】を紹介します。
【FiiO M9】はハイレゾ対応のDAPです。
30,000円台ながら【Spotify】や【Amazon Music HD】などにも対応しています。

FiiO M9のレビュー

FiiO M9

サイズはコンパクトでパッとみスマホのように見えます。
発売は2018年12月なので発売されて大分経っていますが、十分なスペックはあると思います。

FiiO M9のパッケージ

FiiO M9のパッケージ

紙パッケージで梱包されています。価格相応ですね。
パッケージからは下記内容が対応していることが分かります。

  • ハイレゾ
  • LDAC
  • aptX / aptX HD

パッケージを見ても、今でも十分な性能ということが分かります。

FiiO M9の付属品

FiiO M9の付属品

付属品

  • USB Type Cケーブル
  • TPU製防水ケース
  • 強化ガラス製スクリーンプロテクター
  • 3.5mm同軸アダプター

付属品は最低限ですが、『TPU製防水ケース』・『ガラス製スクリーンプロテクター』が
付属
するのはとても良いと思います。
DAPを購入すれば、この2つは必ず購入するものだと思います。
余計な出費がないのは嬉しいですね。

FiiO M9のUSBケーブル

付属のUSB Type Cケーブルは、少し硬めのケーブルでした。
光軸ケーブル風の硬さです。

FiiO M9の外観と仕様

サイズ感

FiiO M9のサイズ

非常にコンパクトな印象です。
ディスプレイサイズは3.2インチポケットに入っていても全く気にならないサイズです。

サイズ比較

FiiO M9のサイズ比較

サイズを比較しているのは、『iPhone11』(左側)です。
最近のスマホでは、平均的なサイズではないでしょうか?
スマホと比較すると、よりコンパクトさを感じることができます。

重量

FiiO M9の重量

重量は150gでした。実際に持っていてもとても軽量です。

iPhone11の重量

ちなみに『iPhone11』の重量は231gでした。
比較するとより軽さが際立ちます。
150gと軽量なDAPですが、十分なスペックを備えていると思います。

バッテリー性能

FiiO M9の接続ジャック

充電端子はUSB Type C端子なので、汎用性は十分です。

  • 連続再生時間10時間
  • 待機時間 最大45日間

バッテリーは2350mAhが搭載されていて、ロングライフの充電性能。
ディープスリープモードを搭載していて、更に節電性能を向上させています。
ディープスリープモードでもプレーヤーの電源ボタンを押すだけで、すぐに使う事ができます。

WiFi

WiFiは2.4GHzのみの接続です。
WiFi接続は途切れたり、低速だったりするのでサブスク音楽など【Spotify】ではDLしての、再生がおすすめです。オンライン再生だと、時折止まったりします。

接続性

FiiO M9のコーデック
  • 接続方式   :Bluetooth 4.2
  • 対応コーデック:SBC/apt X/apt X HD/LDAC/HWA(LHDC)

接続方式は、Bluetooth 5.0ではありませんが、対応コーデックが豊富で高音質ワイヤレス・オーディオコーデックに困ることは皆無ですね。

接続端子

FiiO M9の接続ジャック

接続端子

  • 3.5mm シングルエンド出力端子
  • 2.5mm バランス出力端子

2.5mmに関しては、バランス出力にも対応しており、この価格のDAPでバランス出力も試聴することが出来ます。

操作性

FiiO M9の拡大

前評判では、非常にモッサリと聞いていましたので正直少し不安でしたが、そこまで違和感を感じるほどでは有りませんでした。

しかし、画面が小さいので文字入力は困難です。
そこまで文字入力を使用することもないので心配する必要もないです。

FiiO M9の操作ボタン

操作ボタン(左から)

  • 電源ボタン
  • 音量調節ダイヤル
  • 再生/停止ボタン
  • 曲戻し/曲送り

シンプルな操作ボタンになっていますので、直感的な操作が可能です。

ストレージ

FiiO M9のSDカードスロット

ストレージ

  • 2GBの内蔵ストレージ
  • マイクロSDカードスロットを搭載(最大2TBまで)
  • 内部ストレージはほとんど、システム等で使用するので、別途『マイクロSDカード』は必須です。

FiiO M9の音質評価

音質評価

音質を検証しました。今回検証する音源は【amazon Music HD】の【ULTRA HD】になります。CD音源相当と言われています。

音質比較

FiiO M9サイズ比較

今回音質比較しているのは、【OPPO Reno A 128GB】です。
このスマホもハイレゾに対応している機種になりますので、スマホとDAPの音質を比較しました。

3.5mm接続で試聴。
音質は、スマホと比べると改造度が高く、ひとつひとつの音が良く聞こえます。
低音も迫力のある音質です。圧倒的に音はスマホとは違いますね。

FiiO M9の総評

総合評価

おすすめ度 4.0

この価格としては対応コーデック・接続端子ともに満足です。
音質もバッチリです。

ただ、別途マイクロSDカードを別途用意しないといけないのはマイナス。
しかし、ストレージが2TBまで対応できるので問題有りません。

FiiO M9レビューのまとめ

初めてのDAPには、丁度よいスペック・価格です。
サブスクの【Spotify】や【Amazon Music HD】にも対応していて30,000円台とはコスパ良いと感じました。

再生時間10時間なので、少し短いかもしれませんが現状ほとんどの方が、モバイルバッテリーを持っているので問題ないと思います。

のろっぷ
のろっぷ

ハイエンド入門機に位置づけられている機種です。
初めてDAPを購入する方には、とてもオススメ出来る商品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました